パパ活のデメリット

パパ活っていいことしかないじゃん!と思っている女の子もいますが、パパ活にもデメリットはあります。
そんなパパ活のデメリットと対策法をご紹介します。

デメリット1,パパを自分で見つけないといけない

パパ活の一番のデメリットは、パパを自分で見つけないといけないということです。
風俗は店員さんが客引きとかしてくれるので、そういった負担は少ないのですが、
パパ活の場合は、女の子自らがパパを街に直接行って話しかけたり、出会い系サイトに登録して素敵なパパを見つける努力をしないといけません。
特に街に直接言って、声をかけるなんて、女の子にはかなりハードル高いですよね。
パパを見つける方法には、街に直接行って探す方法や、掲示板やSNSとか、出会い系サイトなどがあります。
いろんな方法がありますが、直接、街に行ってお金持ちそうな男性に話しかけるのも大変だし、ましてや街に素敵なパパが歩いている可能性はかなり低いです。
SNSは自分のリアルなアカウントだと、あとあと、デートできなくなったときにトラブルの原因になったり、友達にバレてしまう可能性があるので、一番、素敵なパパに出会える確率が高いのは、出会い系サイトだったりします。
こんな感じで、パパを見つけるのが大変なのが、パパ活のデメリットといえます。

デメリット2,アピールを自分で頑張らないといけない

パパもお小遣いをあげる以上は、魅力的な女の子とデートをして援助したいです。
なので、自分の魅力を最大限に発揮して、パパの自慢の女の子を演出してあげることが大切です。なかなか自分をアピールするのが苦手な子にとっては、その点がパパ活のデメリットになります。
しかもパパによって好みは本当に様々です。ギャルが好きな子もいれば、落ち着きのある清楚系の女の子がいいという人もいます。
なので、パパの好みにあわせて自分をアピールしないといけないです。
特に街に直接行って、パパを探している女の子がいるけど、これは完全に見た目の好みで選ばれちゃうので、かなり難しいです。
なので、出会い系サイトに登録して、何回もやり取りして、内面からもアピールしてあげることがこのデメリットを解消してくれます。

デメリット3,パパから切られても文句は言えない

パパ活のデメリットとしてあるのが、パパから突然、切られてしまう可能性があるということです。
パパ活は不倫とは違い、愛情はない、とてもドライな関係でもあります。
だからパパも安心してお小遣いをくれます。
不倫はあとあと面倒だけど、女の子とデートしたい、でも家族のこともあるし、という男性がパパ活を利用することも多いです。
例えば、奥さんにバレてしまって、もう支援できなくなった、とかお金に余裕がなくなってきたから、もうやめるとか、突然、関係を切られることもあり得ます。
不倫とは違って、女の子側もドライな関係を求めているから、相手も当然、ドライな関係を求めてきます。
だから、関係を切ると言われたら、そのまま了承するしかないです。
でも、このデメリットは解決方法があります。それは一人のパパに頼りすぎないということです。出会い系サイトに登録することで、複数の素敵なパパに出会えるので、素敵なパパを
2、3人、キープしておくことで、突然関係を切られても、大丈夫なようにしておくことが大切です。

金銭感覚崩壊には注意!!

パパ活のいいところであり、実はデメリット、それは案外、お金を稼げてしまうことです。
パパ活がうまくいきすぎて、かなりお金を稼げてしまうことは珍しくないです。
そのため、金銭感覚が崩壊してしまう女の子もいます。
パパ活の熟練者には月に100万円近く稼いじゃう女の子もいるくらいです。
なので、普通の女の子が働いて稼げる額ではないので、毎月、ブランドものの、洋服や化粧品を買ってしまったり、家賃の高いマンションに引っ越しちゃうと、いきなりパパが支援できなくなったとき大変です。
たくさん稼げちゃうパパ活だからこそのデメリットです。
これはもちろんメリットなんだけど、そんなことにならないように、金銭感覚だけは、今のままを頑張ってキープしないとダメです。

こんな風にデメリットもパパ活にはありますが、頑張れば解消できるものばかりなので、
注意してパパ活をして、たくさんお小遣いをゲットしちゃいましょう。